医者

自律神経失調症の症状|頑張りすぎないことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事一覧

原因が明快な腰痛

先生

二足歩行で歩く人間は、上半身の重みを背骨と腰が支えているため、腰痛が起きやすくなっています。腰痛は人類共通の悩みであり、幅広い年代が腰に不安を抱えて暮らしています。しかも原因が特定できる腰痛は2割にも満たなく、8割は原因不明のまま処置されています。原因が特定できる腰痛を特異的腰痛と呼びますが、その中の一つに脊柱管狭窄症があります。痛みの特徴は歩き出してしばらくすると痛みが始まり、しゃがんで背中を丸めると楽になります。脊柱管狭窄症は50代以降に多い腰痛であり、太ももからふくらはぎ、足の裏等に痛みが出ます。脊柱管狭窄症は、脊柱管が加齢や衝撃により狭くなり、神経や血管を圧迫する事で発症する腰痛です。少しでも違和感がある場合は早めに専門医に診せる必要があるため、整形外科などの医療機関を受診すると良いです。

脊柱管狭窄症は加齢による椎間板の劣化により、弾力性が衰えて薄く潰れていきます。そしてバランスを崩した骨や椎間板が脊柱管内部にせり出すため、神経や血管を圧迫し痛みを発症します。この事態を避けるためには椎間板の衰えを防ぐ必要があるため、椎間板を強くし健康維持を図る必要があります。椎間板の劣化を防ぐため取り入れると良い生活習慣は、簡単なストレッチとウォーキングです。同じ姿勢を続けると骨や椎間板に負荷がかかるため、簡単なストレッチを取り入れると腰痛予防になります。また毎日少しの時間だけウォーキングを取り入れる事で、背骨と椎間板の強化に繋がります。もし、脊柱管狭窄症になってしまったら、保存療法と手術療法いずれかの選択肢があります。保存療法では薬物や温熱治療、牽引療法での血行改善や痛み緩和が中心となります。一方手術療法では、神経を圧迫している部位を削りとることで、障害を取り除きます。手法は様々ですが、医師と相談を重ねて選択しましょう。